この記事を友達に知らせる。

完走者0のトレイルランニング大会トレニックワールド100マイル彩の国。

完走者0のトレイルランニング大会トレニックワールド100マイル彩の国のパンフレット到着。

2016年に初開催となった「トレイルランニング大会トレニックワールド100マイル彩の国」のパンフレットが届いた。この大会は完走者0人の珍しい大会なのだ。完走者がいなかったのは主催のトレニックワールドがコースや関門、制限時間の設定に失敗したんだろう。

トレニックワールドの大会はエイドステーションが充実しているから少ない荷物で走れる。過去外秩父トレイルラン2回、越生・都幾川の1回参加している。あと、参加費が若干安い。40Kmクラスのレースだと1万円が目安だが、トレニックワールドだと7000円台で参加できる。

Sponser Link

トレニックワールド100マイルと100Km。

完走者0のトレイルランニング大会トレニックワールド100マイル彩の国。

2016年9月に開催された「トレニックワールド100マイルと100Km」のデータ。100マイルの参加者数52人で完走者0。100Kmは出走者数215人に対して完走者50人の完走率23%これは低すぎる。奥宮俊祐選手のファントレイルズ100Kなら完走率ほぼ100%だぞ。

参加費用は100マイル2万2千円・100Km1万8千円。第2回開催の今大会はペーサーを付けられる。100マイルでも100Kmでも7000円だ。更に9月開催から5月開催に変更されている。春の大会は少ないから5月開催は嬉しい。

参加資格とコースのトレイル率。

FunTrails100Kの参加案内到着FT50を完走して2017年はFTR100に挑戦する女性。

・参加資格
①70km以上のトレイルラン大会を完走していること
②49km以上のトレイルラン大会を完走していること

100マイルの参加資格はハセツネCUPを完走すれば良い。コースの全行程を歩いても24時間内に完走できるだろう。完走より難しいのは大会へのエントリーだ。エントリーし易い群馬県のスパトレイルでも条件を満たす。ただハセツネCUPを完走するより難易度は上がる。

完走者0のトレイルランニング大会トレニックワールド100マイル彩の国。

・距 離
①161.0km (累積高低差: 8,970m, オフロード率: 72.9%)
②106.0km (累積高低差: 5,945m, オフロード率: 71.8%)
①18:00(制限時間35時間) ②16:00(制限時間31時間)

・募集定員 ①200名②400名 ペーサー(①②合計)50組
・申込期間 2016年12月1日~2017年3月31日(定員になり次第締め切り)
・ITRA認定ポイント(予定)①6ポイント②5ポイント

完走者0のトレイルランニング大会トレニックワールド100マイル彩の国。

オフロード率(トレイル率)は低めだが、これは街に近い里山を使うから仕方ない。累積標高差を見ると9000mと6000mクラスなので、かなりの難易度だ。主催のトレニックワールドは5月開催にして距離と制限時間を変更した訳だが、2017年の完走率はどうなるか。

関連コンテンツ
人気記事一覧
Sponser Link

この記事を友達に知らせる。

フォローして最新情報を確認。

この記事を書いた「トレイルランニングUTMFとUTMBの完走トレーニングを書いたブログ」の最新ニュース情報をいいね!してチェックしよう♪
お勧め記事