この記事を友達に知らせる。

モントレイルランニングシューズバハダ2と石川弘樹カルドラド比較。

モントレイルランニングシューズバハダ2と石川弘樹カルドラド比較した女性。

2016年もUTMFやハセツネCUPが終了した。来年に向けてトレイルランニング新商品をレビューする。まずはトレイルランニングシューズで、サロモンのスピードクロス4とモントレイルのバハダ2が発売されている。これらの商品は前作とほぼ同じ作りなので特に記載する事はない。

Sponser Link

石川弘樹使用のカルドラド。

モントレイルランニングシューズバハダ2と石川弘樹カルドラド評価。

モントレイルのシューズはバハダを使用している。バハダ2はオールマイティーな作りでトレイルランのみならず、ロードでも走れる作りだ。

その分、スピードクロス4と比べるとグリップ力が劣る。モントレイルのシューズは万能型だから特化型のサロモンとは違って当然。

モントレイルのバハダとサロモンスピードクロス3をレビュー。
トレイルランナーになって初めて買ったシューズがサロモンの「XRクロスマックスニュートラル」だ。初心者なので、何もわからないままトレイルラン用シューズを購入したのだ。クロスマックスはロードとトレイルランの併用可能で、グリップ力は低い。だが、キ

なので、モントレイルのバハダは練習用・サロモンのスピードクロスは本番用と使い分けていた。モントレイルのカルドラドが発売されたのは知ってたので、スポーツ用品店で実物を確認した。普段、アマゾンと楽天市場で買い物してるから実物を見る機会が少ないのだ。

モントレイル・カルドラドの性能。

モントレイルランニングシューズバハダ2と石川弘樹カルドラド評価。

バハダもそうだが、カルドラド の黄色・オレンジ色と言ったカラーは走りたい気持ちにさせる。見ているだけで元気が出そうだ。斑尾イエローサンエディションと言う限定色もあるが、それ程変わらないので通常版で十分だ。

肝心の性能はバハダよりもグリップ力が強化されている。ソールの中心部分はバハダと同じだが、その周辺の凹凸が激しくなっていてコーナーを曲がりやすくなっている。言うなればバハダとスピードクロスの中間のグリップ力だ。

プロトレイルランナーの石川弘樹が履くシューズだけあって基本性能は高い。初心者がいきなりスピードクロスを履くよりもカルドラド でいろんな山を走って練習した方が良いだろう。私もカルドラドを欲しいが、トレイルランシューズは既に3足あるんだよな。

トレイルランニング時計MZ-500の新商品。

トレイルランニング時計MZ-500の新商品。

エプソンのMZ-500も私が使用している商品だ。精密計測で46時間・長時間計測で110時間記録できる。これならUTMFもUTMBも全行程で計測できる。この計測時間の長さだけでこのMZ-500を買う価値がある。そしてMZ-500の新商品が発売された。

新商品いいなー。私が使ってるのはMZ-500Sなんだが、デザイン性が今一で独自性がないと思っていた。このMZ-500MSは最上級モデルがあるんだが、他のMZ-500シリーズとそんなに変わらない。

ディスプレイが「サファイアガラス」・「ミネラルガラス」の違い位だ。なので、自身の好きなカラーを買うと良い。46時間計測できるからUTMFやUTMBでも存分に走れるぞ!

関連コンテンツ
人気記事一覧
Sponser Link

この記事を友達に知らせる。

フォローして最新情報を確認。

この記事を書いた「トレイルランニングUTMFとUTMBの完走トレーニングを書いたブログ」の最新ニュース情報をいいね!してチェックしよう♪
お勧め記事