この記事を友達に知らせる。

トレイルランニングの疲労回復はロードバイクでの積極的休養にある。

トレイルランニングの疲労回復はロードバイクでの積極的休養にある。

トレイルランニングやマラソンは走るスポーツだが、ロードバイクでも強くなれるのか?トレイルランニングにせよロードランニングにせよ走るからにはそれなりの負荷・衝撃を受ける。そんな時に使いたいのがロードバイクだ。ロードバイクでのトレーニングは足に優しいから足に疲労がある時でも導入したい。

トレーニング効果を最大限に発揮するならタンパク質が2倍必要。
運動をすればそれだけエネルギー消費量が多くなる。だから食事で得るエネルギー量も増やす必要がある。消費したエネルギー量と同等かそれ以上のエネルギーを摂取する事で筋...

特に舗装路を走るロードでは長時間同じ姿勢で走るから同じ部分が疲れてくる。私の場合は月間200Km前後走ると膝に痛みが出てくる。痛みがひどければ完全休養にするが、そうでなければある程度運動したい。積極的休養(運動しつつ疲労回復)をするならロードバイクは最適だ。

Sponser Link

ロードバイクとフルマラソン。

スパトレイル2017にエントリーしたので、トレーニングに励む。

ではロードバイクだけ乗ってればフルマラソンを早く走れるか?これはあり得ない。早く走るにはある程度走り込む必要がある。ロードバイクで心肺機能を強化しても舗装路を走った時の衝撃に耐えられなければフルマラソンを走る事はままならない。

サプリメントのプロテインとかアミノ酸って何なの?栄養補助食品とは。
栄養学の研究が進んでいるアメリカでは研究結果を元に、以前から様々なサプリメントが開発されてきた。研究により開発された商品を購入する人も多くなってきた。研究が進む...

あくまで補助的なトレーニングとしてロードバイクを使うのだ。スポーツ科学では一般のマラソンランナーが毎日走るのはお勧めしていない。3日間走ったら1日休むとか間に休養を入れるのが今の常識だ。人によっては2日に1度休んでも構わない。無理をしない事が重要。

ロードバイクとトレイルランニング。

奥宮俊祐のガーミンfenix3J Sapphire HRと鴨井夕子235J比較。

トレイルランニングであっても基本はフルマラソンと同様で、完全休養と積極的休養を使い分ける。あまり疲労してない時はヒルクライムのように激坂を登れば足腰強化に繋がる。疲労が激しい時は自然の景色を見ながらのんびりサイクリングすれば運動しながら気分もリフレッシュできる。

大豆プロテインが女性の美容健康や骨粗鬆症に役立つのは本当か?
プロテインと言えばホエイプロテインで決まり。だが、他にもカゼインや大豆のプロテインがある。今回は消化吸収が良くて効率的に力を発揮するプロテインを探す。市販されて...

そして天気が良くて疲れもない日は山に行くのだ。トレイルランニングの醍醐味は山を走る事。日常生活では見れない山からの景色を見るのだ。あと、山で障害物を避けるながら走るのは楽しいものだ。これはフルマラソンにもロードバイクにもないトレイルランニングならではの特長だ。

疲労困憊ならアミノ酸やプロテインを使う。

ノースフェイス製スワローテイルベントフーディーとワコールCW-Xの修理。

スポーツ選手ならアミノ酸やプロテインを使った事があるだろう。トレーニングの効率を上げたり、疲労回復にも繋がる重要なサプリメントだ。アミノ酸ならアミノバイタルアミノバリューを良く使う。プロテインなら明治ザバスを使う。

筋力トレーニングをするなら必須アミノ酸やグルタミンを摂ろう。
筋肉づくりに最も役立つアミノ酸とは何だろうか。人間の体を構成するアミノ酸は20種類ある。この20種類のアミノ酸が筋肉づくりに必要。特に「必須アミノ酸」(BCAA...

最近では明治ザバスやウイダーから「リカバリープロテイン」と言う回復に特化したプロテインが発売されている。筋肉の修復や強化に使うタンパク質を取りながら疲労回復の為にクエン酸も摂取できる。アミノ酸とプロテインを併用しても効果がある。

ランナーはコラーゲンで関節強化しつつ怪我や病気から早期回復させる。
マラソンランナーなら膝関節を痛める事が多い。初心者ランナーなら尚更だ。マラソンランナーでなくても膝に痛みがある人は多いだろう。膝が痛い状態から更に負荷がかかると...

栄養補給してタンパク質も十分に摂取したら寝る。究極の回復方法は寝ることなのだ。食事をして風呂で温まってから寝る。当たり前の事だが、これは「回復のフルコース」だ。寝ると言っても昼間8時間寝るのと夜8時間寝るのでは回復が全然違う。アスリートなら夜更かししないで夜はしっかり眠ろう。

関連コンテンツ
人気記事一覧
Sponser Link

この記事を友達に知らせる。

フォローして最新情報を確認。

この記事を書いた「トレイルランニングUTMFとUTMBの完走トレーニングを書いたブログ」の最新ニュース情報をいいね!してチェックしよう♪
お勧め記事