この記事を友達に知らせる。

ノースフェイス製レインウェア雨具とワコールCW-Xタイツの修理方法。

ノースフェイス製スワローテイルベントフーディーとワコールCW-Xの修理。

2016年11月19日開催のFunTrails100K(以下ファントレイルズ)この大会は105KmのFTR100と52Kmを走るFT50の2種類がある。今回は雨の中、FT50に出場した。どれだけ雨が降ろうと泥だらけになろうと完走する事に変わりないのさ。

奥宮俊祐選手からFunTrails100Kの参加案内が来たFT50を完走する。
大阪マラソンが事前郵送なしで受付できたからFunTrails100K(以下ファントレイルズ)も案内の郵送はないのかなと思ってたらクロネコDM便で送られてきた。既...

いつもトレイルランニング大会ではサロモン製スピードクロス3を使用しているが、諸事情により使用不可。なので、モントレイル・バハダを使用した。週間天気予報を見て雨でなければバハダが走りやすいと思いきや当日は雨。スピードクロス3に比べてグリップ力で劣るバハダを使用するのは不安があった。

Sponser Link

トレイルランニングで初転倒。

FunTrails100KのFT50で使ったCW-Xジェネレーターやバハダの感想。

スピードクロス3履いてる時と同様に砂利道を走っていたら足元がスリップ。転倒により大会初使用であるレインウェア「スワローテイルベントフーディー」と「CW-X・ジェネレーター
」が破けてしまった。トレイルランニング歴4年で転倒したのは初めてだ。案の定バハダにスピードクロスのグリップを求めるのは無理があった。

それにしても大会初使用のスワローテイルベントフーディーが破けたのはショックだ。ジェネレーター使用期間2年だし、ワコールでの修理経験があるから今回も修理できるだろう。スワローテイルベントフーディーに穴が空いたショックは大会中も頭をよぎる。レインウェアにせよランニングタイツにせよ私を守ってくれた代償だと思ってレースを続行する。

ノースフェイス製品は修理可能か?

ノースフェイス製レインウェア雨具とワコールCW-Xタイツの修理方法。

ザ・ノース・フェイスの 公式通販サイト で調べると修理可能と書いてある。内容はゴールドウイン・ウェブストアで購入した商品はゴールドウイン・ウェブストアのサポートに連絡。それ以外で購入したノースフェイス製品は直営店に持ち込む。

選択してから店に持って行くのだが、レインウェアだけあって水を弾いて洗えない。仕方なくそのままノースフェイス直営店に持ち込んだ。結果、修理が可能である事と修理見積もり費用2000円を言い渡されて終了。修理完了期間は未定だった。修理完了して戻ってきたら追記する。

ワコールも修理可能だが、条件がある。

FunTrails100KのFT50で使ったCW-Xジェネレーターやバハダの感想。

ワコールに修理依頼するのは2度目なので、ワコールのホームページにある「お客様センター」に修理依頼する。そうすると担当者宛に(対面受取の方法で)送るように言われる。なので、レターパックライトで郵送。そしたらなんと「修理不可能」と告げられた。これにはガッカリ。修理できなくて送料360円も無駄になったので愕然。

※機能ラインの縫製(ステッチ)部分にかかっている、あるいはそのステッチ部から5mm以内にある破れ(上生地のみなら修理可)により、あいにく修理ができかねますことをお詫び申し上げます。(修理につきましては、素材の状態を拝見し、修理をいたしました後も機能が保持でき、引き続きご着用いただけると判断しました際に対応いたしております。

ちなみに修理可能だと以下の文面がメールで届く。

担当部門より修理は可能との連絡がございました。お急ぎのところ大変申し訳ございませんが修理が出来上がり次第、ご返送させていただきますので約2~3週間のお時間を賜りますようお願い申しあげます。なお、修理後のご返却の着払い方法は全国一律381円のポスパケットを予定しております。

修理可能と不可能とで返送料が異なる。修理不可能だと返送料はワコール負担。修理可能だと上記のようにポスパケット381円が発生する。さて修理できなかったワコール「CW-XジェネレーターHZO639」はどうするか。穴を塞いで使い続けるか、ヤフオクで処分するか考えておこう。

関連コンテンツ
人気記事一覧
Sponser Link

この記事を友達に知らせる。

フォローして最新情報を確認。

この記事を書いた「トレイルランニングUTMFとUTMBの完走トレーニングを書いたブログ」の最新ニュース情報をいいね!してチェックしよう♪
お勧め記事