この記事を友達に知らせる。

アルティメイトディレクションのJUREK FKT VESTとENDUREレビュー。

アルティメイトディレクションのJUREK FKT VESTとENDUREレビュー。

5月と6月はトレイルランニングでの人気大会がエントリー終了した。白馬国際トレイルラン・日本山岳耐久レース・信越五岳トレイルラン。無事にエントリーできたら次は完走だったり、目標時間内にゴールする事が目標。

山を走る爽快感!ハセツネCUPに初めて挑んだトレイルランナーの物語。
2013年6月1日トレイルランニング歴2年になった私はパソコンの前にいた。それはハセツネCUPにエントリーする為である。ハセツネCUPとは別名「日本山岳耐久レー...

トレーニングに励むのは当然だが、必携品や食料を揃える必要がある。トレイルランニング人気で膨大な種類のザック・帽子・レインウェア(雨具)・ストック・サプリメントから最適な一品選ぶのは困難。なので、徹底的に選び抜いた一級品を公開する。

Sponser Link

アルティメイトディレクションの最新作。

アルティメイトディレクションのJUREK FKT VESTとENDUREレビュー。

トレイルランニングで装備品を選ぶのは性能を第1に考える。決して安物に手を出してはいけない。妥協しない自身が好きな装備を身に着けてこそ本番で力を発揮できるのだ。安物ではなく、高くても良い物を選ぶのが上策。今回、お勧めするのがアルティメイトディレクションのスコット・ジュレクモデルだ。

トレイルランニング歴3年目にしてハセツネCUPに挑戦した記録。
前回「山を走る爽快感!ハセツネCUPに初めて挑んだトレイルランナーの物語」の続き。第1関門を通過してストックの使用が可能になった。単なる荷物だった「ブラックダイ...

アルティメイトディレクションの最新作JUREK FKT VESTENDUREが発売された。これはトレイルランナー・ウルトラマラソンランナーであるスコット・ジュレクと呼ばれる一品だ。特徴的なのは600mlのボトルが2本付く事。単体で買うと1本2000円するボトルだ。

スコット・ジュレクのUREK FKT VEST。

アルティメイトディレクションのJUREK FKT VESTとENDUREレビュー。

最初に見て思ったのは「ガンダム!?」全体が白のカラーリングはまるでガンダムだ。連邦の白い悪魔と呼ばれたいなら是非JUREK FKT VESTENDUREの白を選ぼう(笑)これだけ白がメインのザックは中々ない。トレイルランニング大会でアルティメイトディレクションを使ってる人はまだまだ少ない。だからこそ独自性を見いだせる。このカラーなら尚更。

もう1種類のカラーも悪くない。濃い緑色を基調とした色使いは街中でも目立たない。機能面は胸のボトル2本とハイドレーションを併用すれば日本山岳耐久レース(ハセツネCUP)でも水不足に陥る事はそうないだろう。(ハイドレーションバッグは別売り)

JUREK FKT VESTとENDUREでボトル4本。

アルティメイトディレクションのJUREK FKT VESTとENDUREレビュー。

JUREK FKT VESTとENDUREは上下セットだ。JUREK FKT VESTだけでは収納性が今一なので、ENDUREと併用する。どちらも2本づつボトルが付属するから合計4本だ。ENDURE側にボトルを付ければJUREK FKT VESTの胸ポケットを自由に使える。

アルティメイトディレクションのJUREK FKT VESTとENDUREレビュー。

トレイルランニングではJUREK FKT VESTとENDUREの両方を使い、一般のマラソンではENDUREだけ使う方法もある。JUREK FKT VESTとENDUREは発売から半年が経過した為、販売店の在庫数がだいぶ減ってきた。アマゾンならまだ買えるはずだ。

関連コンテンツ
人気記事一覧
Sponser Link

この記事を友達に知らせる。

フォローして最新情報を確認。

この記事を書いた「トレイルランニングUTMFとUTMBの完走トレーニングを書いたブログ」の最新ニュース情報をいいね!してチェックしよう♪
お勧め記事