この記事を友達に知らせる。

安達太良山トレイルランとFunTrails50K完走時の装備品を公開。

安達太良山トレイルランとFunTrails50K完走時の装備品を公開。

今回は安達太良山トレイルランとFunTrails50K完走時の装備品を公開する。我ながら多種多様なトレイルランニング装備を使用したものだ。使ってて思うのは決して安物を買ってはいけないって事。安物では機能性が劣って走りに影響出るから、山道で命を預けられない。

なので、1流ブランドのトレイルランニング装備品を購入。大会での使用感を存分に書いた。OSJ安達太良山トレイルランニング50Kでは(鏑木毅も使用する)エプソン MZ-500 が頼り。そして今回はノースフェイスのTRコンポ10を実戦投入した。シューズはサロモンのスピードクロス3のグリップ力に期待する。

Sponser Link

安達太良山トレイルラン50Kを完走した装備品。

白馬国際トレイルラン・信越五岳・ハセツネCUPのどれに出場する?

安達太良山トレイルランでは雨で足を置く場所を考えないと泥だらけになる。第2関門(塩沢登山口)まで来れば一安心。背負っているノースフェイス製TRコンポ10 も軽くて揺れない。買ってよかった。

16時以降に到着したので、ヘッドライトの点灯確認があった。ライトはハセツネCUPでも大活躍したジェントス・ヘッドウォーズ HW-000X だ。エイドからお手洗いが少し遠いのが難点だが、バナナとジュースが置いてあった。ここまで来れば完走確実。

スタートから12時間を経過してヘッドライトを点灯。ヘッドライトを使うのは昨年のハセツネCUP以来だが、ヘッドライトを付けて山道を走るのは楽しいものだ♪

OSJ安達太良山トレイルランニング50Kではモントレイルのバハダとサロモン・スピードクロス3のどちらを使うか迷ったが、水捌けとグリップ力重視のスピードクロス3を選んで正解。※現在は新型のスピードクロス4 が発売中。新規購入したレインウェア「ノベルティーベンチャージャケットNP61515」を試せたのも良かった。

FunTrails50Kの必携装備品。

UTMB2017のエントリー開始!日程や必要ポイント数はどうなる?

まずはFT50の必携品を確認。携帯電話・携帯コップ・保険証・1L以上の水・食料・ライト2個(予備電池含む)・サバイバルブランケット・フード付きレインウエア(ジャケットとパンツ)完全防水で透湿機能を持ち、縫い目をシームテープで防水加工してあるもの。

防寒用長袖シャツ(フリースやソフトシェル)とロングタイツ、上記装備を収納するザック(バックパック)入手しやすい携帯電話や保険証等を除外すると必要なのはライト2個・レインウェア上下・ランニングタイツ・バックパックだな。

防寒用フリースと長袖シャツは1つあれば良い。11月の夜の山はどれだけ冷えるかわからないから2つ用意したのだ。「ノースフェイス・マウンテンバーサ・マイクロジャケットNL21404」が分厚い完全防寒なのに対して「「ミズノ・ドライサイエンス長袖クルーネックシャツ A2JA5131」は薄手の長袖だ。

上記のように安達太良山トレイルランとFunTrails50K完走時の装備品を紹介した。ブランドとしてはノースフェイス・サロモン・アルティメイトディレクション・ジェントス製品を使ってれば間違いない。値段が高ければとそれだけ高性能で、自分自身の力になってくれる。

関連コンテンツ
人気記事一覧
Sponser Link

この記事を友達に知らせる。

フォローして最新情報を確認。

この記事を書いた「トレイルランニングUTMFとUTMBの完走トレーニングを書いたブログ」の最新ニュース情報をいいね!してチェックしよう♪
お勧め記事