この記事を友達に知らせる。

ダイエットで体脂肪や体重を減らす秘訣は「筋肉づくり」にあった。

ダイエットで体脂肪や体重を減らす極意は「筋肉づくり」にあった。

健康や体力づくりに適切な栄養摂取は必須。それと同様にサプリメント(栄養補助食品)だけを摂取しても筋肉は付かない。筋肉を付けるには栄養摂取と適切なトレーニング、そして睡眠(休養)が必要だ。

猫背を治す方法は筋力トレーニングにあった!姿勢の悪さを改善。
筋力トレーニングで姿勢が良くなったのは事実だ。その時のトレーニング内容を書いて行く。持久系のトレーニングよりもウエイトトレーニングの方が姿勢が良くなる。持久系と...

例えば筋肉作りには筋肉に適切な負荷をかけて寝るのが重要。プロテインを始めとしたサプリメントはトレーニングと睡眠がしっかりなされてこそ効果を発揮する。栄養・運動・睡眠の3つがあれば女性や中高齢の人でも筋肉が発達する。

Sponser Link

ダイエットするなら筋肉を付ける。

猫背を治す方法は筋力トレーニングにあった!姿勢の悪さが改善。

体脂肪を減少させる場合も運動と食事の両方が必要。運動時に体脂肪を燃焼するサプリメントを使用すればダイエットしやすくなる。食事制限で体脂肪を落とそうとしても体脂肪のみならず、筋肉量も減少してしまう。

筋肉が減少すると基礎代謝も低下して食事制限を辞めた時に以前より太りやすくなる。つまり、極端な食事制限をしてもリバウンドにより元に戻るのだ。体脂肪の燃焼には有酸素運動が有名。

近年のスポーツ科学では有酸素運動にウエイトトレーニングも行うとより体脂肪を燃焼させられる事が判明している。ウエイトトレーニングで筋肉を付ければ基礎代謝が上がって日常生活に必要なエネルギー量が多くなる。必要なエネルギー量が多くなればそれだけ体脂肪が燃焼しやすくなる。

アスリートは筋肉で体脂肪を燃やす!

鉄板の上に乗ってる分厚いステーキ。

上記に書いた事を少しまとめよう。引き締まった身体を作る為だけでなく、アスリートの世界でも健康やパフォーマンスの向上の為に体脂肪を減らす事が重要。体脂肪を減らすには適切な栄養摂取が必要。エアロビック(エアロビクス)のような有酸素運動で多くのエネルギーを消費するよりも筋肉を付ける方が体脂肪を燃焼できる。

なぜ、筋肉を付ける事が体脂肪を減少させるのか?筋肉を動かす、つまり筋肉を収縮させるにはエネルギーが必要。筋肉が多いほど消費エネルギーは増える。それは運動をしてない安静時にも言える。消費エネルギーが多ければ脂肪も燃えやすい。

体脂肪を減らしても筋肉量は減らさない。

ロードランナーにもお薦めノースフェイス製マンタレイベストを評価。

筋肉が1Kg増えると1日に燃焼するエネルギー量は100キロカロリーから200キロカロリー増える。(ご飯1杯分が160キロカロリー)なので筋肉を5Kg増やせば1日に燃焼するエネルギーは500キロカロリーから1000キロカロリー増える。

エアロビック(エアロビクス)トレーニングで体脂肪を減らしても根本的な解決にはならない。体脂肪と筋肉が同時に落ちては意味が無いのだ。ダイエットで適切な体重を維持するにはエネルギーを燃やす為の筋肉づくりが必要なのだ。その為には有酸素運動だけでなく、ウエイトトレーニングは欠かせない。自宅で手軽にできるダンベルトレーニングがお薦め!

関連コンテンツ
人気記事一覧
Sponser Link

この記事を友達に知らせる。

フォローして最新情報を確認。

この記事を書いた「トレイルランニングUTMFとUTMBの完走トレーニングを書いたブログ」の最新ニュース情報をいいね!してチェックしよう♪
お勧め記事